ワンダークラブ

前のページへ戻る

水について学ぼう!

蛇口をひねれば、いつでも出てくる「水」。飲んだり、お料理やお風呂になど、普段何気なく使っているけれど、どこから来るのか、どうやってつくっているのか、意外と知らないもの。そんな「水」について学ぶ、さまざまなワークショップを開催します。これできみも“水博士”に!

◎協力:国土交通省/東京都/水の週間実行委員会

日時8月12日(月)・13日(火)・14日(水) 各日とも1日6回開催
(1)10:30~11:15  (2)11:30~12:15  (3)13:00~13:45
(4)14:00~14:45  (5)15:00~15:45  (6)16:00~16:45
ワークショップ終了後、水に関する展示をご覧いただけます。
↓ワークショップの詳細はこちら
会場ガラス棟 会議室G510
対象 小学生の親子
定員各回50名
参加方法当日整理券

水について学ぼう!プログラムの詳細

水のふるさと森林

森林には、(1)山崩れを防ぐ、(2)水を安定的に供給する、(3)水を濾過しておいしい水をつくる、など様々な働きがあります。
森林があるとなぜ山崩れが防げるのか、森林に降った雨はどこに流れていくのか、森林が育んだ水はなぜ何故おいしいのか、これらについて説明します。また、おいしい水とは何かを説明し、その後で代表的な森林の水(3種類)の試飲を行います。

◎協力:一般社団法人 日本治山治水協会

日時8月12日(月)10:30~11:15 / 14:00~14:45
8月13日(火)11:30~12:15 / 15:00~15:45
8月14日(水)10:30~11:15 / 14:00~14:45

お米を育てる水

私たちが毎日食べるお米は、田んぼで育てた稲から取られます。農家は稲の生長や天候に合わせて田んぼの水をどのように調節しているのでしょうか?どれくらいの量の水が必要でしょうか?その水はどうやって一つ一つの田んぼへ届けられるのでしょうか?楽しいクイズに回答しながら、田んぼでの水の利用について学びます。参加した人には受講証が渡されます。

◎協力:公益社団法人 農業農村工学会

日時8/12(月)11:30~12:15 / 16:00~16:45

水道キャラバン特別編 東京の水道を学ぼう!

蛇口から出てくる水はどこから来ているのでしょうか?さまざまな水道施設を、映像を通じて疑似体験。目の前で繰り広げられる実験で、浄水場の仕組みを実感。寸劇を交えた楽しい授業で、安全でおいしい水道水ができるまでの、東京都水道局の取り組みを学習できます。

◎協力:東京都水道局

日時8/12(月)13:00~13:45 / 15:00~15:45
8/13(火)14:00~14:45 / 16:00~16:45
8/14(水)13:00~13:45 / 15:00~15:45

水はどこからくるの?

「水はどこからくるの?」をテーマに、みんなが使う蛇口から出る『水』がどこから来るのか?どこを通って来るのか?などについて、みんなと考えながら学びます。
また、水を大切に使うために、みんなができることや使える水の量には限りがあるので大切に使うことが大事であることなどについても学びます。

◎協力:水の週間実行委員会事務局

日時8月13日(火)10:30~11:15 / 13:00~13:45

みずについて

普段何となく使っている水について、クイズを交えたワークショップを開催。

◎協力:国土交通省水管理・国土保全局

日時8月14日(水)11:30~12:15 / 16:00~16:45

※整理券は当日、ガラス棟 地下1階・ロビーギャラリーの「インフォメーション」にて配布します。
 10:30~13:30に開始のプログラム → 9:30から配布
 14:00~16:30に開始のプログラム → 12:30から配布
※お1人様1プログラム2枚まで配布します。
※定員になり次第、締め切ります。
※内容が変更、中止になる場合がございます。予めご了承ください。

前のページへ戻る

丸の内キッズジャンボリー 2013年8月12日(月)/13日(火)/14日(水)

◎プログラムによっては、事前のお申し込みが必要です。
◎本イベントは、中学生以下のお子様と保護者の方を対象としています。保護者の方と一緒にご来場ください。
◎内容は変更、中止となる場合があります。
◎ワークショップなどで、材料費が必要な場合があります。
◎当日は各種メディアによる取材活動が行われます。会場の様子がテレビ、新聞、雑誌等に放送・掲載されることがありますので、あらかじめご了承ください。