ワンダークラブ

前のページへ戻る

京都大学 霊長類学・ワイルドライフサイエンス・
リーディング大学院(PWS)「山の教室」2016

ブータンの田んぼにたちこめる霧。ブータンの農業には日本人が協力してきました。今年はブータンとの国交30周年です。

霊長類など野生動物の研究者や登山家、動物園のスタッフが、野外活動【フィールドワーク】の魅力を伝えてくれます。ヒマラヤの王国ブータンの雄大な写真パネルを背景に、通学路からエベレストまで、フィールドワークを通してどんな景色・どんな生きものと出会えるのかな?

◎協力:京都大学 霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院公益財団法人日本モンキーセンター/株式会社ウインズ・インターナショナル

「山の教室」

日時8月16日(火)・17日(水)・18日(木) 各日とも1日2回開催
(1)13:00~13:45 (2)15:00~15:45
会場ガラス棟会議室 G405
対象 小・中学生(保護者の方はご見学ください。)
定員 各回30名
参加方法 当日整理券 ※参加を希望する子どもの人数分の整理券が必要です
日/時間13:00~13:45 15:00~15:45
8/16(火)

山の教室(1)

タイトル:山に登ろう!(1)
先生:山本宗彦(エベレスト登頂者)
内容:山登りって楽しい!エベレストに登った山本先生が、山登りの魅力を教えてくれます。

山の教室(2)

タイトル:山に登ろう!(2)
先生:山本宗彦(エベレスト登頂者)
内容:ヤブ山からエベレストまで。
山はいろいろなことを教えてくれます。

8/17(水)

山の教室(3)

タイトル:チンパンジー・ボノボ 研究者がみたブータン(1)
先生:山本真也(神戸大学准教授)
内容:ふだんは霊長類の研究をしている山本先生がアフリカやブータンのお話をします。

山の教室(4)

タイトル:チンパンジー・ボノボ 研究者がみたブータン(2)
先生:山本真也(神戸大学准教授)
内容:ブータンで考えた。「人間らしさ」ってなんだろう?

8/18(木)

山の教室(5)

タイトル:ブータンの小さな診療所(1)
先生:坂本龍太(京都大学准教授)
内容:ブータンにあこがれて、ブータンでお医者さんをしている坂本先生。ブータンってどんな国?

山の教室(6)

タイトル:ブータンの小さな診療所(2)
先生:坂本龍太(京都大学准教授)
内容:たくさんの人が「しあわせ」を感じていると言われる国、ブータン。
いろいろな「しあわせ」を考えます。

※整理券は当日、ガラス棟 地下1階・ロビーギャラリーの「インフォメーション」にて配布します。
 10:30~13:30に開始のプログラム → 9:30から配布
 14:00~16:30に開始のプログラム → 12:30から配布
※お1人様1プログラム2枚まで配布します。一度に複数プログラムの整理券を取得することはできません。
※定員になり次第、締め切ります。
※内容が変更、中止になる場合がございます。予めご了承ください。


しあわせの国「ブータンの山と文化」写真展

ブータンの大きさは九州と同じくらいで、約 70 万人が住んでいます。自然が豊かで、多様な生きものがくらしています。最近では、GNH(国民総幸福)という考え方でも知られています。「お金持ちになること」だけではなくて、「国民全体がしあわせになること」を大切にしている国なのです。そんなブータンの山々や、そこに住む人々のようすを写真でご紹介します。

参加方法 自由参加

京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院って?【体験コーナー】

霊長類や野生動物の研究(フィールドワーク)を通して、人のこころ・からだ・くらしなど、ヒトをまるごと考えるところ。人とそれ以外の動物が仲良く生きていくために、世界で活躍できる人をめざして、たくさんの人が動物の研究をしているよ。どんな研究をしているのか、体験コーナーで遊んでみよう! 。

参加方法 自由参加

日本モンキーセンターってどんなところ?【体験コーナー】

サルの仲間(=霊長類)に関する調査研究や保護のために、60年前に愛知県犬山市にできた研究施設。附属の動物園にはゾウやキリンはいないけれど、サルのなかまは、なんと60種以上約900頭が飼育されている。飼育員や獣医師だけじゃなく、研究や教育のエキスパートである「キュレーター」(博士学芸員)がいるから、きみの質問も研究相談も大歓迎!!

参加方法 自由参加

前のページへ戻る

丸の内キッズジャンボリー 2016年8月16日(火)/17日(水)/18日(木)
プログラムによっては、事前のお申込みが必要です。

◎本イベントは、中学生以下のお子様と保護者の方を対象としています。保護者の方と一緒にご来場ください。
◎内容は変更、中止となる場合があります。
◎ワークショップなどで、材料費が必要な場合があります。
◎当日は各種メディアによる取材活動が行われます。会場の様子がテレビ、新聞、雑誌等に放送・掲載されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ページトップへもどる