ワンダーキャンパス / キッズ図書コーナー ガラス棟会議室・他

東京国際フォーラムによるオリジナルプログラム。
学校では学べないことが学べる、どこにもない “学校” を今年も開校します。
2017 年のテーマは、「デザイン」。食べ物から街、大自然、動物、海、そして宇宙まで、 “今より、よいかたち” にする「デザイン」を考えると、新しい発見やアイデアが生まれるはず。

図書コーナーも開設して、夏休みの宿題を応援するよ!

特別講義会場:ガラス棟会議室 G409

きみは、どんな願いや夢を持っていますか?
「今を少しでもよりよいものにしたい」という願いや夢、そのための工夫が、
私たちの歴史や文化を創りあげ、技術を進歩させてきました。
それは人間だけでなく、動物や植物などの姿や動きも進化という形で変化させました。

「今よりよい形にしていくことや計画」という意味の「デザイン」。
特別講義では、宇宙のたくさんの星の中から地球の姿に似た星を探している先生、
東京・日本橋をはじめ、たくさんの街を暮らしやすい街に生まれ変わらせている先生、
チンパンジーやボノボのこころの研究をして、進化や人間について考えている先生、
勉強しなくても大人になれる!とっておきの方法を一緒に考えてくれる先生、
小学生の時の夢を実現させて世界一のパティシエになった先生を迎え、
「デザイン」をテーマに、「人間ってなんだ? 生命ってなんだ?」を考えます。

第二の地球はどこにある?
―宇宙に「ちょうどいい」惑星を探そう―

先生:成田 憲保(なりた のりお)
東京大学 大学院理学系研究科・理学部 天文学専攻 助教
天文学者

  • 【日時】8月15日(火)10:30~12:00
  • 【対象】小学4年生~中学生

事前申し込み

江戸からの都市学
―なぜ東京は山もないのに坂道が多いのか―

先生:團 紀彦(だん のりひこ)
建築家
青山学院大学教授(都市学)

  • 【日時】8月15日(火)14:30~16:00
  • 【対象】小学4年生~中学生

事前申し込み

類人猿のこころ
―チンパンジーとボノボの研究から人間を知る―

先生:平田 聡(ひらた さとし)
京都大学教授 博士(理学)
野生動物研究センター 熊本サンクチュアリ所長

  • 【日時】8月16日(水)10:30~12:00
  • 【対象】小学4年生~中学生

事前申し込み

勉強天国
―「勉強」しないで大人になる方法!?
未来をデザインする「遊び」―

先生:田口 康大(たぐち こうだい)
東京大学 海洋アライアンス
海洋教育促進研究センター 特任講師
一般社団法人3710Lab(みなとラボ)理事

  • 【日時】8月16日(水)14:30~16:00
  • 【対象】小学4年生~中学生

事前申し込み

夢はどうすればかなえられる?
―小学3年生で描いた夢。
私はこうして世界一のパティシエになった―

先生:辻󠄀口 博啓(つじぐち ひろのぶ)
パティシエ
一般社団法人日本スイーツ協会 代表理事
スーパースイーツ製菓専門学校 校長

  • 【日時】8月17日(木)14:30~16:00
  • 【対象】小学4年生~中学生

事前申し込み

昆虫ハカセの教室

いろいろな形や色、模様のデザインをもつチョウのハネ。
チョウのハネには、飛ぶだけでなく、たくさんの役目がある。
チョウのハネのヒミツを知って、きみも昆虫ハカセになろう!

先生:鈴木 康博(すずき やすひろ)
昆虫ハカセ

  • 【日時】8月17日(木)10:30~11:30
  • 【対象】小学生

当日整理券

※東京国際フォーラムの改修工事に伴う会場変更により、スペースの都合上、保護者の方は聴講いただけません。あらかじめご了承ください。

キッズ図書コーナー 会場:ガラス棟 4階・5階 自由参加

図書室

みんなの好奇心を刺激する、さまざまな本が大集合!
お気に入りの一冊を探したり、夏休みの宿題に役立つ一冊をみつけよう。

◎協力:株式会社学研ホールディングス

海のひろば 会場:ホールE

図書室

目印は、ホールEの大きな「海」の字と大きくて色あざやかで楽しい旗・大漁旗。
その前に「海のひろば」があるよ。

東京国際フォーラム20周年の今年、丸の内キッズジャンボリーには、6年前の東日本大震災で大きな被害に見舞われた東北沿岸のまち、宮城県気仙沼市の大島小学校や南三陸町の戸倉、そして東京都の島、伊豆大島や三宅島から友だちが来てくれる。
いっしょに、海の生き物の絵を描いたり、漁師さんの話を聞いたり、友だちがふだんどんな生活や遊びをしているか聞いたりして、なかよくなろう。
そして、キッズステージで友だちが舞う、民俗芸能・鹿子躍(ししおどり)を応援してほしい。
きっと、もっと友だちのことが知りたくなるはず。もっと海が好きになるはず。

みんなでお絵かき
フォーラム水族館をつくろう!

フォーラム水族館で泳がせる海の生き物をお絵かきしよう。自由に描いたら、地下1階の光壁に貼ったり、海のひろばにつるして、泳がせよう。
※光壁に貼る透明フィルムの数には限りがありますので、あらかじめご了承ください。

※イメージ

  • 【日時】8月15日(火)・16日(水)・17日(木)
        各日とも10:00~17:00

自由参加

海のひろば お話の時間

海のひろばでは、きみたちに「海」のことをもっと知ってもらうためのお話の時間を用意している。海に学んで、海の楽しみ方を知っている子どもたちの話やおいしい貝や魚を育てる漁師さんのお仕事の話など、きみが次に海に行くとき、役に立つ話、聞いておいてよかったと思う話がいっぱいだ。
参加してくれた人には、海のまちから来てくれた友だちのお土産もあるよ。

  • 【日時】8月15日(火)・16日(水)
        ※時間は詳細ページをご覧ください

自由参加

伝統民俗芸能「鹿子躍(ししおどり)」

宮城県南三陸町戸倉発祥の民俗芸能で、300年以上もの歴史がある「行山流水戸辺鹿子躍(ぎょうざんりゅうみとべししおどり)」を披露。鹿頭をつけた踊り手が魔退けや五穀豊穣を願ったり、先祖の供養、鎮魂の為に太鼓を打ちながら勇壮に踊る。大震災の津波で全ての衣装や太鼓が流されたが、泥の中から奇跡的にほぼ見かり、震災から2カ月後に復活の舞いを披露。今回は津波に流され、戻ってきた衣装を着け、小学6年生と高校2・3年生のメンバーがキッズステージで舞う。


  • 【日時】8月15日(火)16:30~17:00(キッズステージ)
        8月16日(水)14:30~15:00(地上広場)
               16:30~17:00(キッズステージ)
  • 【会場】ロビーギャラリー(キッズステージ)、地上広場
  • 【出演】行山流水戸辺鹿子躍保存会(宮城県南三陸町)

自由に入場・見学できます

わかめの販売

気仙沼市立大島小学校の子どもたちが「わかめ養殖体験学習」で製造した肉厚で美味しい「大島わかめ」を販売!気仙沼の海の香りがするよ。
1袋(180g入)500円(限定270袋)※売上金は学校の教材費になります。


東京都のしまじま 伊豆大島・三宅島紹介コーナー

東京都は日本で6番目に島が多い都道府県だ。その中から、今回は、伊豆大島と三宅島の子どもたちが来てくれた。子どもたちが住む東京都の島も紹介するよ。

2017年 東京国際フォーラムは開館20周年。

丸の内キッズジャンボリーは、
これまで約100万人にご来場いただきました。

20年の感謝を込めた
多彩なプログラムをぜひお楽しみください。

丸の内キッズジャンボリー 2017年8月15日(火)/16日(水)/17日(木)
プログラムにより、事前申込や当日配布する整理券が必要となります。

◎本イベントは、中学生以下のお子さまと保護者の方を主な対象としています。保護者の方とご一緒にご来場ください。
◎ワークショップなどで、材料費等の実費が必要な場合がございます。
◎内容が変更、中止になる場合がございます。
◎混雑時には入場制限を行う場合がございます。
◎当日は、各種メディアによる取材活動が行われます。会場の様子がテレビ、新聞、雑誌等に放送・掲載されることがありますので、あらかじめご了承ください。

◎ベビーカーをご利用のお客さまへ
ベビーカーのエスカレーターへの乗り入れは非常に危険です。各階への移動は必ずエレベーターをご利用ください。
また、ベビーカー置き場における紛失、盗難、ベビーカーの取り違えに十分ご注意ください。

ページトップへもどる