東京国際フォーラムに、どこにもない“学校”が今年も登場! ワンダーキャンパス/キッズ図書コーナー ホールB7・他 東京国際フォーラムに、どこにもない“学校”が今年も登場! ワンダーキャンパス/キッズ図書コーナー ホールB7・他

希望のプラネタリウムを作ろう
~3.11を忘れない ー 想いをカタチに~

7年半前のあの東日本大震災は記憶の中に残っていますか?まだ小さくて覚えていないという人も多いでしょう。講義では、あの日起きた津波やFukushimaの原発事故の苦しみや悲しみをバネに、パリから東北の魅力を世界中に伝えようとした中高生や、Fukushimaをもっと元気にとがんばる若者たちを紹介します。後半は、あの日の夜空は「見たこともない満点の星空が広がっていた。その星空を決して忘れられない」と東北の人たちは語ります。Fukushimaの未来を思い、一人ひとりの希望を「星」の絵で表現し、組み立て「希望のプラネタリウム」をつくり、想いをひとつのカタチにします。

日時8月14日(火)14:30~16:00
先生三浦 浩喜(みうら ひろき)
福島大学 理事・副学長
美術教育学者
会場ホールB7(1)
対象小学4年生~中学生※保護者の方も聴講できます
定員100名
参加方法
当日整理券 での参加も可能になりました。

整理券の配布方法につきましては、参加方法 のページをご覧ください。
※整理券は若干数のご用意となります。あらかじめご了承ください。

事前申し込み
受付は終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。
抽選結果は当選された方のみに、7月31日(火)までに招待状メールを送信いたします。

先生のプロフィール

三浦 浩喜(みうら ひろき)
三浦 浩喜(みうら ひろき)
福島大学 理事・副学長
美術教育学者
1993年 福島大学大学院 教科教育専攻 美術教育専修
1996年 福島大学教育学部 助教授
2004年 福島大学人間発達文化学類 助教授
2007年 福島大学人間発達文化学類 准教授
2008年 福島大学人間発達文化学類 教授
2014年 福島大学理事・副学長
中央教育審議会教育課程企画特別部会委員(2015-2016)
中央教育審議会教育課程部会特別活動ワーキンググループ委員(2015-2016)
教育美術振興会第52回教育美術・佐武賞 ゲスト審査員(2017)
OECD (経済協力開発機構)東北スクール統括責任者(2012-2014)
OECD日本イノベーション教育ネットワーク共同代表(2015-2018)
所属学会/大学美術教育学会, 日本カリキュラム学会

福島大学の先生をしています。東日本大震災以来、学生たちと被災地の子どもたちの支援をしてきました。政府や国際機関と協力しながら、被災地の中・高校生たちと一緒にフランス・パリでイベントを開いたり、自分の地域を若者のまなざしから復興させるプロジェクトをつくったり、海外の若者達と交流する事業を進め、その中でどのように若者達が成長するのかを見つめてきました。

※内容が変更、中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

前のページへ戻る

丸の内キッズジャンボリー 2018年8月14日(火)/15日(水)/16日(木)
プログラムにより、事前申込や当日配布する整理券が必要となります。

◎本イベントは、中学生以下のお子さまと保護者の方を主な対象としています。保護者の方とご一緒にご来場ください。
◎ワークショップなどで、材料費等の実費が必要な場合がございます。
◎内容が変更、中止になる場合がございます。
◎混雑時には入場制限を行う場合がございます。
◎当日は、各種メディアによる取材活動が行われます。会場の様子がテレビ、新聞、雑誌等に放送・掲載されることがありますので、あらかじめご了承ください。

◎ベビーカーをご利用のお客さまへ
ベビーカーのエスカレーターへの乗り入れは非常に危険です。各階への移動は必ずエレベーターをご利用ください。
また、ベビーカー置き場における紛失、盗難、ベビーカーの取り違えに十分ご注意ください。

ページトップへもどる