“人間のチカラ・想像力”をキーワードに、どこにもいない“学校”が今年も登場! ワンダーキャンパス/キッズ図書コーナー ホール B5・他 “人間のチカラ・想像力”をキーワードに、どこにもいない“学校”が今年も登場! ワンダーキャンパス/キッズ図書コーナー ホール B5・他

未来で活躍するロボットたち
~ホンモノのロボットたちに会おう学ぼう~

1人乗りの電動小型モビリティ。
人工知能を搭載し、人や障害物を認識して
減速する。/写真:千葉工業大学
福島第一原子力発電所内の探査を行うために開発
されたロボット。/写真:千葉工業大学

未来のロボットがやって来る!
近くでホンモノのロボットを見られるよ。
ロボットってなんだろう?
人の形をしたマシンだけがロボットじゃない。
車から昆虫の形に変形する未来の乗り物、原発ロボット、ロボットスクーター、これから、みんなが大人になる世界、そこで活躍するいろんなロボットを近くで見て、知ろう、学ぼう。

日時8月15日(木)10:30〜12:00
先生古田 貴之(ふるた たかゆき)
千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター 所長
学校法人千葉工業大学 常任理事
会場ホールB5
対象小学4年生~中学生(保護者の方はご見学ください。)
定員100名
参加方法
当日整理券 での参加も可能になりました。
※参加を希望されるお子さまの人数分の整理券が必要です。
整理券に関する注意事項はこちらをご覧ください。
※整理券は若干数のご用意となります。あらかじめご了承ください。
事前申し込み
受付は終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。
抽選結果は当選された方のみに、7月31日(水)までに招待状メールを送信いたします。

先生のプロフィール

古田 貴之(ふるた たかゆき)
古田 貴之(ふるた たかゆき)
千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター 所長
学校法人千葉工業大学 常任理事
1968年、東京生まれ。博士(工学)
2000年、(独)科学技術振興機構ERATO北野共生システムプロジェクトにロボット研究グループリーダーとして所属。2003年より現職。2014年より学校法人千葉工業大学常任理事を兼務、現在に至る。
福島第一原発で唯一全フロア踏破可能な災害対応ロボットを開発・提供。政府の原発冷温停止ミッションを遂行・成功させた。
変形する車「HallucII(ハルクツー)」から原発対応ロボットまで、人々の衣食住のロボット技術による再定義に日夜取り組む。
その一方で、東京スカイツリータウン「ソラマチ」に常設されたロボット体験アトラクションゾーン「スカイツリータウンキャンパス」を総合プロデュースするなどロボット技術の文化への土着活動を推進する。なお同ゾーンは文化庁メディア芸術祭の審査委員特別賞を受賞している。移動ロボットの自動操縦競技会「つくばチャレンジ」では参加団体で唯一、3年連続完走&つくば市長賞受賞。
2015年4月には未来の乗り物”ILY-A(アイリーエー)”を発表、モビリティを再定義し新しいライフスタイルを提案した。ILY-Aは、イタリア「ミラノデザインウィーク2015」に出展し世界的に話題になった。ILY-Aは、2015年Good Design賞、2016年ドイツのiF design award賞受賞。
2018年7月、現代の最新ロボティクス、AI技術をプロダクトデザインで融合させることで生まれた未来の機械生命体「CanguRo」を発表する。
内閣府・首相官邸の改革2020プロジェクト:「プロジェクト3:先端ロボット技術によるユニバーサル未来社会の実現」を提案し政府の重点施策として推進。「ユニバーサル未来社会推進協議会」では副会長を務め、2020年東京オリンピックでのロボット技術応用実装を目指す。

※内容が変更、中止になる場合がございます。予めご了承ください。

前のページへ戻る

ホップ! ステップ!! 2020!!! 東京国際フォーラムで夏休み ~丸の内キッズジャンボリー スペシャル版~
2019年8月13日(火)/14日(水)/15日(木)
プログラムにより、事前申込や当日配布する整理券が必要となります。

◎本イベントは、中学生以下のお子さまと保護者の方を主な対象としています。保護者の方とご一緒にご来場ください。
◎ワークショップなどで、材料費等の実費が必要な場合がございます。
◎内容が変更、中止になる場合がございます。
◎混雑時には入場制限を行う場合がございます。
◎当日は、各種メディアによる取材活動が行われます。会場の様子がテレビ、新聞、雑誌等に放送・掲載されることがありますので、あらかじめご了承ください。

◎ベビーカーをご利用のお客さまへ
ベビーカーのエスカレーターへの乗り入れは非常に危険です。各階への移動は必ずエレベーターをご利用ください。 また、ベビーカー置き場における紛失、盗難、ベビーカーの取り違えに十分ご注意ください。

ページトップへもどる